中文|English|한국어
連絡番号:0531-85876663
点击这里给我发消息
  1. ウィーチャット
  2. ウェイボー

「感知山東」活動:外国人から見る「東方バレエ」ー東営短穂花鼓

2017/9/4 14:40:41   來源:中国山東網 2017/9/4 14:40:41

  
  28日、4国出身の9人の外国人が東営市の竜居鎮で東営短穂花鼓を体験した。   このほど、中国山東網「感知山東」外国人が伝統文化を体験する活動は東営市の竜居鎮を訪れ、メキシコ、インドネシア、マレーシアとアルジェリアという4国からの9人の外国人を連れて東営短穂花鼓の歌舞を鑑賞し、 張秀芳さんの指導の下で、短穂花鼓の基本的な動作を勉強した。中国山東網が伝えた。
  文字通りに、花鼓は花鼓を主要な伴奏楽器として、対口走唱(掛け合いで歌う)の伝統的民間芸術形式で、また山東曲芸の唯一の対口走唱曲種である。ただ、伝統的な山東花鼓に比べて、東営短穂花鼓が新たな生命力がある。「普通の花鼓はばちで音を出すのに対して、短穂花鼓はばちの穂で音を出す」東営花鼓の第3代伝承者の張秀芳氏が記者に言った。   了解によると、花鼓は元末から起源で、明清時期に流行していた。数百年の発展を経て、全国各地における当地独自の特色がある表現形式が持っている。北方地域において、花鼓が民間に根ざしており、伝統的な民間戯曲芸術至宝で、従来「東方バレエ」と称される。
  メキシコからのPatricioが短穂花鼓の打ち方を真剣に勉強している   メキシコからのErwinとPatricioは初めて短穂花鼓のことを知った。このダンスが楽しそうに見えて、また力があると記者に言った。   子供たちの踊りを鑑賞した後、外国人たちが花鼓を勉強したくて待ちきれないほどだった。   花鼓の伝承に対して、張秀芳氏も自分の態度を持っている。「私が引き続き教えています。前世代から残したものに対して、勉強したい人がいれば、私が引き続けに教えています。」   中国山東網

関連記事を

写真

  1. About us
  2. 免責事項
  3. お問い合わせ
  4. 登録申し込み
主管者:山東省人民政府新聞弁公室
mr007